2014年2月アーカイブ

フォトコンテスト

先月行われたフジシンさん主催の



フォトコンテスト  の結果が今日でました!!




皆様ののおかげで


o0360051512842011601.png











優勝することができました~



ありがとうございます。



この作品にかけた思いも強かったのでうれしいです




カメラマン兼いつも指導していただいているBLUEの山本さん




メイク指導の土屋さんのBLUEチームのおかげ






といっても過言ではありませんが



素直にうれしいです。



もっともっと素敵な作品が作れるよう





これからも日々 勉強です。




でわ また~

横浜の美容院で縮毛矯正するなら


BOBで人気のあるメニュー、縮毛矯正


B002843459.jpg





実はこのモデルさん 結構なくせ毛なんです。


以前はデジパーをかけて癖をごまかしていました。


やはり梅雨の湿気で広がりがきになるという事でしたので、今回は


もともとある癖とデジタルパーマがかかっている部分を縮毛矯正で伸ばして


いきました。結構なダメージ毛ですので、かなりの繊細な施術が必要です。


無理のない薬液選定、ダメージレベルに対しての薬の塗り分け


ブローでの水抜き、テンションをかけないアイロン処理で熱を加える


という事を意識しナチュラルなストレートを目指した施術です。


最近かなりのハイダメージ毛の方の縮毛矯正をする機会が多いです


中にはいわゆるビビリ毛の方もいらっしゃいます


ビビリ毛とは、ハイダメージ毛にもかかわらず、強い薬を作用させてしまった


、アイロンでテンションをかけられすぎてしまった、


薬が流しきれていない状態で水分が残ったまま、アイロンされてしまった、


などなど、たくさん要因はあるのですがチリチリになってしまった毛の状態


のことです。


ほとんどが、ビビリ毛になってしまった毛はほぼ治りません


一時的にごまかせても、戻りがでてしまう事が多いです


縮毛矯正とはおそらく美容室のメニューの中で1番髪のダメージを削る施術


ではないでしょうか


だからこそ繊細な施術 ダメージレベルの見極めなど、がとても大事に


なってくるものだと思います



でわ また~



横浜の美容院で炭酸泉するなら

当店ではすべてのメニューに炭酸泉を使用しているわけですが、



必ず聞かれる事があります




「炭酸なのになんでシュワシュワしないの?」


んん~ すごくわかります。


でもですね~


本来炭酸水とはシュワシュワしないものなんですね


シュワシュワの泡はあれは炭酸ではありません。


シュワシュワが多いと言う事は、圧力が高いとこから圧力が低い所に


出た時に飽和しきれなくなった二酸化炭素が逃げ出している現象です。


一定の圧力で作り、圧力変化が少ない場合はシュワシュワしません。

後、急激な温度差があった場合もシュワシュワします。


つめたい炭酸を一気に温めた場合も同様に二酸化炭素が逃げ出します。

つまり、一定の濃度で混ざり、圧力変化が少なく温度変化がすくなければ


余計な二酸化炭素は逃げ出しません。


安定した炭酸はシュワシュワしないモノです。

炭酸の含有量はpHに比例します。


38℃付近で、pHが4.8程度なら800~900ppm程度


pH4.5程度なら900~1000ppm 程度、pHが4.3程度なら1000ppm


越えています。

つまり、シュワシュワすればする程炭酸は不安定だということですね



炭酸泉の事を詳しく知りたい方は遠慮なく聞いてくださいね



でわまた~

横浜の美容院でヘナをするならココ

当店オープン以来からの人気メニューの1つのヘナ




t02200146_0640042511881021214.jpg


当店のヘナを体験していただいたお客様の声としては


髪にハリ、コシがでた、癖毛がおさまりやすくなった、抜け毛が減った


などうれしいお言葉をたくさんいただいてます


メニューとしておすすめしてきてヘナに関しては間違った認識をもった方も多いです


かぶれるんでしょ?とか黒くなっちゃうんでしょ?など・・・・


たしかにヘナは2007年 国民生活センターから、販売されているヘナの危険性と


業界への要望が発表されるなどのことがありました


ヘナはもともと頭皮の弱い方や科学物質にアレルギーを示す方などの愛用品でした


ネットや、自然食品などを扱うお店で販売されているヘナ


(ケミカルへナや、ブラックへナなど)に、法律で医薬部外品位指定されている


パラフェニレンレンジアミンという色素が配合されている事が分かったと言う事です。


国民生活センターに毛染めをするとかぶれるので、ヘナで染めたところ


ひどいかぶれになり、半年たっても治らない。」などの苦情が入っていたようです。


ヘナは良い、と言葉だけが一人歩きしてしまった結果だと思います。


今、現在でもいわゆる天然100パーセントを名乗りつつも科学染料入りの粗悪


なヘナが業界では出回っています。


消費者もそうですが、使い手が見極める「目」をしっかりもって扱わっていか


いと、大変な事件が起きてしまいます。安易な気持ちで簡単に使用して


しまうのはおすすめしません。


当店のヘナは信頼おける業者さん、ヘナ師こと岡本さんのオリジナルヘナ


天然100% Hanaーhena のみを使用しています。


自ら毎年、本場インドに出向き徹底した品質管理などされています


Hanaーhenaについては岡本さんのブログをどうぞ


目指せ、日本初!純国産 へナ hana henna 日記


天然100パーセントヘナはかぶれたり、黒くなってしまったりする事はありませ


んのでご安心ください。まれに植物アレルギーなどで、かゆみが出る方も


いらっしゃるみたいですが、心配な方にはパッチテストさせていただいております。


当店でのヘナの使用方法は、白髪染め、明るくなってしまった毛先のトーンダウン


トリートメントなど、多種多様に活用しています。


ヘナには発色効果があり、オレンジ色に色づきます。


ヘナの成分は毛髪のケラチンにからみついてハリコシつやをだし、


紫外線によるダメージなども防ぐ効果、頭皮の皮脂のバランスを整える


などの効果があります。天然のヘナは通常のヘアカラー剤とは違い、


ブリーチ剤は配合されていないので黒髪を明るくする効果はありません。


明るくしたいけどヘナがしてみたい!というような方には、根元の明るくしたい


部分はヘアカラーで染めて毛先の明るくなってしまった部分はヘナで染める


など、色々なやり方もあります


o0450033711881081777.jpg



このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

アーカイブ